ケトジェニックダイエット 危険性や注意点

a0002_010331

ケトジェニックダイエットには、実践がオススメできない人というのが存在します。

どういうことかというと、ケトジェニックダイエットは「健康な人のためのダイエット方法」なので、体にすでに何らかの疾患がある方や、別の理由で栄養を制限できない方は、危険性が伴うのですね。

「やったら死ぬ!」とか、「絶対にやっちゃダメ!」とかそこまでではないと思いますが、特に糖尿病の投薬を受けている方などは、急激な低血糖で大変危険だったりもします。

ダイエットというものは、なんであれ一定の注意が必要なのは間違いないので、気をつけるべき人はきちんと注意して実践しましょう。

それでは今回は、ケトジェニックダイエットで痩せない、あるいは、危険性・リスクがあるのはどんな方かご紹介します。普通に「オススメできない」程度に理解していただければ幸いです。


スポンサードリンク


 ケトジェニックダイエットをやってはいけない?こんな人

a0002_010331

ケトジェニックダイエットは「健康な人のためのダイエット」方法です。食事も一定の変動を伴いますし、当然それにともなって体の各機関に運ばれる栄養も変わるので、多少の反応や影響はあります。

では、例えばどのような人には「注意が必要」なのでしょうか。

 

ケトジェニックダイエット こんな人は気をつけよう!

ケトジェニックダイエットを実践するに当たって、注意が必要な人、箇条書きにするとこんな感じです。

  • 健康診断で「要再検査」項目のある人
  • 妊娠中の方
  • お子さん
  • 糖尿病と診断されていて、すでに治療を受けている方
  • 糖尿病関連の血糖値に影響を与える薬を常用サれている方
  • 肝機能が低下している方(健康診断のALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP数値)
  • 腎機能が低下している方(クレアチニン濃度が良くない)
  • 尿酸値がすでに高い方

以上です。

まず、糖尿病の治療食ではないので、糖尿病治療に変わる食事療法ということではないので、治療をしなくていい、ということではないようです。

妊娠中の方やお子さんは、お子さんは栄養を多量に必要とする成長期だったり、妊娠中の方も胎児への栄養に影響を与えてしまう場合があるので、通常の食事を体が求めるままに食べるのが良いように思います。

また、タンパク質を補充するとはいえ筋肉からアミノ酸を引き取ってケトン体に分解するのは肝臓ですし、タンパク質を分解する際に老廃物の除去を行うのは腎臓になります。

肝臓と腎臓には、それ相応の負担がかかると思われますので、機能が低下している、何らかの疾患がある方は、ゆるセミケトジェニック的に、余り厳格な糖質断ちはしないほうがいいのかも知れませんね。

 ケトジェニックダイエットが続かない?危険性を回避する

ケトジェニックダイエットにかぎらず、何でもこういったことは「続かない」のが悩みの種ですよね。

ケトジェニックダイエットも、結構細かくアレ食べていい、コレ食べちゃダメ、ってルールがあるし、結構めんどくさいなって思われると思うんです。

又、上記のように気をつけるべき人を書くと、「なんか危険なんじゃないの?」とか、「なんか怖い」って思ってしまうかも知れません。
でも糖質・炭水化物に偏って、運動もしてない今の生活のほうがよっぽど危ないんですよ・・・という脅しを入れた上で(笑)、怖くないケトジェニックダイエット実践をするにはどう実践したらいいのか、ポイントを考えてみましょう。

ケトジェニックダイエットを継続して安全にするポイント!

怖くないケトジェニックダイエットの継続のポイントと危険性を回避するコツをポイントとして解説してみます。これはあくまでも、実践した私の独断と偏見になります。

期間を限定!まず2週間、1ヶ月で様子を見る

ケトジェニックダイエット監修者の斎藤糧三先生もおっしゃっていますが、急に何かを変えるときはまずは2週間程度、パッチテストをするじゃないですけど、適応期間をつくると良いと思います。


スポンサードリンク


又、斎藤糧三先生は「まず2週間やってみて様子を見る。」「いけそうなら継続して最長でも1ヶ月間」というのを推奨されています。その後は、多少基準を落として「セミケトジェニック」にする。糖質の食べていい量を増やしてバランスを取っていくという事ですね。

私自身も、糖質を断つことに相当な恐怖感がありました。だから、まず1週間やってみて、大丈夫そうだったら続けてみようと思ったんです。以前、似たようなダイエットをやったことがあって、その時は1週間でも多少効果があるとわかっていたので、できた部分もあります。

1週間やってできそうだな、と思って2週間。見た目も多少すっきりしたけど、まだ行けそうだとなって、ケトジェニックダイエットのサプリを購入して、飲み始めたら、体重が落ちは始めました。今思えば、最初からサプリを併用すればよかったです。

1ヶ月後は健康状態を確認!セミケトジェニックに

ケトジェニックダイエット開始1ヶ月後は健康状態を確認したり、適宜その辺のクリニックで検査を受けたりして異常がないか調べ、その後は「セミケトジェニック」と「ケトジェニック」を併用しながら継続していくのが良いようです。

私の場合は最初から今まで、フルーツジュースや果物は、バナナなどとりわけ糖質の多いものを除いて、特に酸っぱい系は全然OKにしてます。だから、私はずっと「セミケトジェニック」ぐらいかもしれません。やっぱり「甘い味」が欲しくなって、口がしょっぱい味になるんですよ(笑)。

だから、そんな時はフルーツジュースや果物を食べると、すごく口が落ち着きます。

ちなみに、カリスママッスルトレーナー・北島達也先生に言わせれば、フルーツやフルーツジュースは100%のものでも果糖が入ってるので、駄目だ、ってことみたいです。ああ、やっぱりダメなんだ(笑)と思いましたが、私みたいな「ゆる」ケトジェニックでも、10㎏落ちたので、無理なくできるようにやってもらえればと思います。

ケトジェニックダイエット中の空腹を想定してまとめ買い!

ケトジェニックダイエットは「食べてはいけない」ダイエット、ではないんです。

「正しい物を食べなきゃいけない」ダイエットなので、食べていいんです。

でも、最初のうちはなんか慣れなくて、「食べちゃいけないんだ」って思ってしまっていたんですね。そう思うと飢餓感が来て苦しくなる。

だからそういう時こそ間食でもなんでも食べる様にしてました。要は、食べてもいいものを「常に持っていれば」怖くないんです。「お腹がすいても食べられないかも?」っていう漠然とした飢餓への恐怖が、過剰な食欲を生み出す元になるような気が私はするんですね。

 

そこで、ケトジェニックダイエットで食べていい物を大体リサーチしたら、週に1回スーパーでまとめ買い。ビーフジャーキーとかチーズとかサラミとか、ナッツ類に小魚チップなど、お腹すいたらすぐに食べられるように、常備しておきました。その御蔭で、だいぶ空腹感は気になりませんでした。

 

ケトジェニックダイエットは、食べていいダイエットです。

ケトジェニックダイエットを継続しやすくするポイントを纏めてみました。

そうなんです。ケトジェニックダイエットは「食べていい」ダイエットなんですね。それが不思議です。食べていいものさえ間違えなければ、食べても大丈夫。まずはそこの認識を、しっかり理解することが、ケトジェニックダイエットの成功の鍵かも知れません。
それに、「食べていいんだ」と思い込ませる為、お腹が空いたら我慢せずに小魚チップやナッツ、カルパスなどを放り込んでいた私でしたが、意外と「食べていいんだ」と思うと、お腹が空かなくなってくるんですね。

「限界が来たら食べればいい、で、食べ物もある。」そう思うと、逆に食べなくても平気なんです。

高速とか乗る前に、「これから渋滞したらトイレいけないなー」と思うと、乗る前にトイレ行きたくなりませんか?(笑)まあ高速乗っても行こうと思えばトイレ行けるんですけど。

「食べちゃいけない」という気持ちが「太る」本当の原因、のような気が、ケトジェニックダイエットを実践して得た、私の実感です。

当然ですが、リバウンドとか、してませんから(笑)。イヤほんとに。

 

PR 私はケトジェニックダイエットサプリの使用をオススメします!

ケトジェニックダイエットのサプリは、なくても出来るんじゃないの?

と思われがちですが、私は絶対使用をオススメします!

ケトジェニックダイエット中のタンパク質・亜鉛・ミネラル類などの栄養サポートに加えて、

ケトジェニックダイエットを使えば糖質の吸収を制限してくれるから、

効果も早くなるし、より「ゆるく」でも実践しやすい!

私のようにゆるく実践しても10kg痩せられたのは、
このサプリのおかげだと思っています!

私は必要、というか「あったほうが効果が早く楽」でした。
是非併用をおすすめします♪

ここで買えば市販の2週間分より安く、1ヶ月分をお試しできます。

定期コースですが退会・解約自由。回数縛りはありません。

★コチラが一番激安の販売店★

↓ ↓ ↓



記事下


コメントは受け付けていません。

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。

こちらのジャンルに参加しています。
他ブログも、ご興味ございましたら是非御覧ください。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 30代男性のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ ケトジェニックダイエットへ